Anita Kärrman

アニタ・シェルマン

1949年生まれ。北スウェーデンのラップランド地方の南に位置するパウトレスクという村で育った。現在、ウメオ市とパウトレスクに居住、活躍中。家庭医療の医者として長期勤続。2010年以降ほぼ完全に美術に専念。2013年〜2014年の間10か月間、日本大阪府に滞在していた。

学歴

1973年、ヴィルヘルミーナで彫刻の短期コース修了

1976〜77年、ウメオのABF art schoolに在学

1997年以後、多数の水彩画の短期コース修了

2010〜12年、ウメオの芸術大学に在学

著書

Vi for åt skogen som fåglarna : Om bolagsvälde och kronotorp i södra Lappland

個人展

2023年、ハルスタハンマル市Hallstahammar konsthall (未来)

2023年、リュックセレ市 (未来、Anneli Kunossonと一緒)

2022年、ヴェネス市Vännäs konstförening

2015・2022年、ノードマーリング市Klas Engman-museet

2014年、ノードマーリング市Uppgår'n Djupsjö

2014年、日本神戸アートビレッジセンター

2012年、ビュールホルム市図書館

2012・2013・2014年、ノードマーリング市Konst- och Hantverksrunda

2011年、ノードマーリング市Uppgår'n Djupsjö

2007年、ビュールホルム市図書館

2002年、ノードマーリング市図書館

グループ展

2022年、ヘルシンボリÖdåkra, Art Öresund 2022, Konsthallen Spritfabriken

2022年、フランスカレーBIAC 2022, Biennale Aquarelle Coquelles 2022

2021年、シェレフテオNordanå, Jubileumsutställning, Skellefteå konstförening

2021年、Nordisk Akvarell 2021 – オンライン展示会

2020年、Norrbyskär, Norrbyskärs konsthall, Klimatet – vår framtid

2020年、Järnäsklubb, Konsthall Norra Kvarken, Konst Digital

2020年、ウメオ市Galleri Socker 20x20x20

2019年、リュックセレLapland open art

2019年、ベンネスSalong Omnejd

2018年、ポーランドクラクフ21st ECWS, European Watercolour 2018 Cracow

2018年、フィンランドヘルシンキAkvart Galleria

2018年、イタリアファブリアーノ市Fabriano in Acquarello

2018年、ルレオ市Bothniasalong 2018

2017年、ソーレントゥーナ市Edsvik konsthall, Akvarellmässa

2017年、ビシュブ市Virsbo konsthall, Akvarellutställning

2016年、デンマークヒレレズ市Nordisk Akvarel

2016年、ノードマーリング市Konsthall Norra Kvarken

2016年、スウェーデンMoving Art Project

2015年、韓国ソウルThe World Watercolor Triennale

2015年、ストックホルムLiljevalchs vårsalong

2003・2004・2013・2015年、ストックホルムVäsby Konsthall, Akvarellsalong. 2013年名誉賞受賞

2014年、ノルウェーオスロVoxenåsen, Grunnlovsjubileet i akvarell

2014年、ウメオ市Västerbottens musem, Länssalong

2004年、デンマークオールボー市とコペンハーゲン市Nordisk Akvarel

2003・2004年、シェレフテオ市Nordingrå kulturcentrum, jubilarens val, Västerbotten visar